騒音被害を防ごう【コウモリ駆除の必要性】

コウモリ駆除にはパテがおすすめ?業者に任せよう

コウモリ駆除の方法比較

忌避スプレー

コウモリを見かけたとに吹き付けます。そうすることで、コウモリを追い払うことが出来ます。ですが、効果は一時的なのでまた時間が経つと戻ってくる可能性もあります。

パテ・金網

コウモリの侵入口などをパテで埋めたり、金網で通路を塞ぎます。少し手間が掛かりますが、コウモリが侵入してくることがほぼ無くなります。パテの場合は、技術がいるので業者などに依頼してもいいでしょう。

あわせて使うのもアリ

まず忌避スプレーでコウモリを追い払って、その後にパテで通路を塞ぐという使い方もいいでしょう。それぞれの特徴を活かした使い方をしましょう。

騒音被害を防ごう【コウモリ駆除の必要性】

コウモリ

日本で見られるコウモリ

コウモリは、家屋の天井裏など人工的な空間に住むことはありません。ですが、アブラコウモリという種類だけは、人工的な空間を好みやすいです。なので、別名イエコウモリという呼び名もあります。隙間があればどこにでも侵入してくるような生態をしているので、戸袋や屋根裏などに住み着かれることがよくあります。

アブラコウモリについて

アブラコウモリは5センチ前後の胴をしており重さも10グラム前後ととても小さな体になっています。なので、2センチ程度の隙間があれば入り込めると言われています。昼は基本的に寝ている夜行性なので、日没頃から動き出します。出産シーズンは、夏頃で数匹の赤ちゃんを産みます。

コウモリが住み着くことによる被害

コウモリが住み着いてしまうと、糞尿による悪臭や、菌の繁殖が想定されます。他にも、ダニなど別の虫を呼び寄せたり、物音がするでしょう。夜行性なので、寝る頃にゴソゴソと天井裏などから物音がすると、とても不快指数が高いです。コウモリが住み着いているのを確認したら出来るだけ早く追い出すようにしましょう。

広告募集中