イタチ駆除の方法や被害、生態を確認しよう

放っておくと、とんでもない被害が!イタチ駆除をしよう

イタチとテンの比較

イタチはどんな動物?

体長はオスが35センチ前後で、メスは20センチ前後で小さめです。屋根の上などに住み着きます。性格はとても凶暴で、攻撃的です。長い爪や鋭い歯を持っているので注意が必要です。夜行性で夜になると動きが活発になります。

テンはどんな動物?

イタチよりも一回り大きい40センチ前後の体長で、メスは25センチ前後です。夏と冬では、毛の色が違うという特徴があります。テンも爪が鋭くなっています。警戒心が強い性格で昼に活動しています。

イタチによる被害

no.1

1.騒音

イタチ駆除を依頼する方の多くが、この騒音被害に悩んでいます。夜になると天井上から、ガサガサ物音がなり気になってしまいます。ひどい時には、ドタドタと大きな騒音を出しています。一体屋根上で何をしているのでしょうか。目で見えない分不安やストレスが溜まりやすいでしょう。また、出産時になると、赤ちゃんの泣き声がします。

no.2

2.糞尿

彼らは動物なので、人の家だろうと構わず糞尿をまき散らします。イタチの糞尿は他の害獣に比べても臭いが強いです。なので、溜まっていくと、とても強い不快感を覚えます。放置していると天井に糞尿が染みついた跡が出来てしまうことも。

no.3

3.ダニやノミ

外に住んでいる動物のほとんどが、ノミやダニに寄生されています。吸血性の強いダニやノミをイタチが連れてくると、天井上に住み着きます。天井から部屋の中まで降りてきてしまったらもう最後、刺されることは確実でしょう。もし刺された場合は、酷いかゆみに襲われたり赤く腫れあがってしまいます。

no.4

4.菌の保持

野生の動物はさまざまな菌を体に持っています。サルモネラ菌や、レプトスピラ菌など人間にも被害を与える菌を持っています。健康被害が懸念されるので、危険です。

no.5

5.出産

イタチは建物に使用される断熱剤や、グラスウールと呼ばれる保温性能が高いものを好みます。とてもフカフカでマットのようになっているので、見つけられてしまうと巣にされてしまうでしょう。巣と認識されたらそこで出産を行い子どもが育つまでは住み着くでしょう。

イタチ駆除の方法や被害、生態を確認しよう

イタチ

イタチの危険性

イタチは非常に獰猛な性格をしていおり、肉食性に寄っているのでネズミなどの小動物や飼われているニワトリまで襲ってしまいます。自分より大きな体でも構わず飛び掛かっていくような行動を取ります。肉食性なので、他の動物に比べても糞の臭いが強いと言われています。

どんな駆除作業を行うのか

イタチ駆除作業は専門的な道具を用いるので、基本的には駆除業者に依頼して駆除してもらいます。イタチが住み着いていると思われる場所を確認して糞などの住んでいた痕跡が見つかったら駆除作業を行います。専用の器具で、煙を焚いてイタチを追い出したら、巣や糞の除去を行います。

二次被害の対策も忘れずに

業者はイタチ駆除を行うだけではありません。菌などによる二次被害を防ぐために、雑菌消毒や消臭消毒を行います。これで、目に見えない残った菌や臭いを取り除いていきます。また、イタチが侵入してきたと考えられる侵入口をしっかりと塞いで作業が終了になります。これだけの作業を自分で行うのはとても大変なので、必ず業者を利用しましょう。

広告募集中